WEPキー 解析

自己満足のハイゼット君



wepキー解析 はじめに


BackTrack3
(USBブート)
WEPキーの解析 準備
ブータブルUSB作成
WEPキーの解析 BackTrack起動
WEPキーの解析spoonwep


BackTrack3
(CDブート)

WEPキーの解析 旧spoonwep
WEPキーの解析 spoonwep2
BackTrack4
(CDブート)
WEPキーの解析 準備
WEPキーの解析 BackTrack起動
WEPキーの解析 spoonwep2
WEPキーの解析spoonwep

WEPキーの解析 後書き



FC2BLOG





〜準備編〜


用意するもの
無線LANアダプタ
 (無線チップによって解析できるかどうか決まるそうです)
   *Atheros製とREALTEKのRTL8187らしい?
USBブート可能なパソコン
 (手間はかかりますが、CDブートでも可)
USBメモリ(推奨1G以上)
 (CDブートなら無くても可)
BackTrack3(以下BT3) 
 (LinuxベースのOS?)
spoonwep2 (WEPキー解析ソフト)
unetbootin (ブートCDのISOをUSBブート可能にする)
 (無くてもいいかも・・・)



(USB起動が出来るとspoonwep2のインストールが簡単です)



まずはさておき、BT3をダウンロードしなければなりません。

オフィシャルHPなのかな?ここです。
そこからBackTrackのページへ行きます。
次に本当のBackTrackのページへ行きます。
 (どれがオフィシャル??)
さて、ようやくDownloadページに行きます。(しつこい??)
そこのBackTrack 3 Final Release ってやつを保存して下さい。
ファイル名は bt3-final.iso ですね。
約728MBあります(リンク先は変わっている可能性があります)
新しいバージョンのspoonwep2(WEPキー解析ソフト)を探しましょう。
(BT3に最初から入っている spoonwep は古いらしい)
JAVAを使っているらしく、ボタン操作だけで簡単に解析する事ができます。
コマンド入力なんて面倒くさいことはやらなくて良いです。
でも、フリーなのかどうか分かりませんので、ご自身でお探し下さい。
ファイル名は spoonwep2.lzm です。
ググればすぐに見つかります。
unetbootinをダウンロードして下さい。
私が使ったのは unetbootin-windows-377.exe ってやつですが、
4MBあるのでこのホームページにはアップできません(笑

バージョンはどんどん新しくなっていますが、使い方は殆ど同じです。
新しいのはBT4の設定等が入っていました。